キャッシング比較

限度額の大きさを比べる時の注意点

キャッシング比較では、限度額も見ておきましょう。
限度額を比べる時の注意点があります。

 

限度額については意外とおざなりにしてしまう方も多いのではないでしょうか。
金利が低ければ低いほどよいように、限度額も大きければ大きいほどよいと考えられがちです。

 

しかし、消費者金融など貸金業者では借りられる額は年収の3分の1までと決まっています
総量規制という法律です。

 

ということは、100万円借りようと思えば年収は300万円必要ということになるでしょう。
大手消費者金融では限度額が500万円ほどのところが増えていますが、これには年収が1500万円必要となり、現実的ではありません。

 

また銀行カードローンも、キャッシングするためには大変優秀な金融商品ですが、こちらも限度額がとにかく大きい所に申し込めばよいというものではないのです。
銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、もちろん年収の何倍もの額が借りられるわけではありません。

 

余裕を持って返済できる額の目安が年収の3分の1ということから、銀行カードローンも結果としては総量規制額と同じぐらいの限度額となることが多いのです。

 

銀行カードローンでは、限度額に応じた金利設定がサイトなどに表記されていることが多いですね。
自分が申し込みをする予定の限度額で、一番金利が低いものを選ぶというのがベストの方法です。

 

キャッシング比較の際には、限度額がとにかく大きければ良いというわけではないことに注意しておきましょう。