キャッシング比較

銀行と消費者金融のキャッシング比較

銀行と消費者金融のキャッシングは、比較されやすいものです。
キャッシング比較をする方も、銀行に申し込むか消費者金融に申し込むかで迷っていることが多いですね。

 

銀行と消費者金融のキャッシングできる金融商品は、使い方も似ています。
金利なども違いが少なくなっていますので、「どっちに申し込んでも同じでは?」と思ってしまうのではないでしょうか。

 

しかし、銀行と消費者金融のカードローンなどでは、規制を受けている法律が違っているため申し込める方も違ってきていることが多いのです。
消費者金融は貸金業法という法律の規制を受けるため、年収の3分の1までしか借りられません。

 

年収がある方しか申し込みができないということになります。
以前は申し込みができていた専業主婦の方も、消費者金融には申し込めないのです。

 

ここが最大の違いとなります。

 

他には銀行なら口座を持っていることや、その他のローン利用との兼ね合いなどで、金利引き下げなどを受けられるという場合もあります。
できるだけ低金利でキャッシングしたい時には、こういった銀行ならではの特徴を生かすというのも一つの方法でしょう。

 

まず申し込みできるキャッシングを選ぶことから始めましょう
そこから最適のキャッシングを探すことになります。

 

銀行は銀行ならではの安心感などから、申し込みたいと感じるかたも多いでしょう。
消費者金融は借りられるようになるまでの時間の短さは、やはり特徴です。

 

最終的には、使い勝手などからキャッシングを選ぶべきです。
どちらにも申し込めるという方なら、銀行だけ、消費者金融だけに絞ってしまわず、色々なキャッシングを比較することをおすすめします。

 

キャッシング比較は、やはりできるだけ多くの候補で行った方がよいからです。